NNA株式会社

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル2階
TEL:06-6355-5546 / FAX:06-6355-5547

2012年 vol.17



私の父はカバンの縫製業をしていた。
あるメーカーの下請けだった。
父はアイディアマンで、カバンのサンプル作りなども任されていた。

ある時、仕事の依頼がなくなり、しばらくの間ミシンの音が止まった。
その機会に父はカバンをデザインして、婦人用のカバンをつくり出した。
「よし!できた!げん、これを今度、売ってきてくれないか?」

私は当時、中学1年生だった。
恥ずかしかった。
嫌だった。
友達に見られたらカッコ悪いし、何でオレが?
お父ちゃんがやればいいじゃないか!と思っていた。

ある日の朝、父は、駅前の空き地に段ボール箱をは4つ並べた。
空き地は商店街と商店街の間にある。
段ボールの上に白い布をかぶせ、父のつくったカバンを並べた。

父は「今日は頼むよ」と私の頭に手をのせて言った。
妹と2人で1日、店を任された。
突然小学3年生の妹が
「いらっしゃい、いらっしゃい!おとうちゃんがつくったカバンです!」と
大きな声で言った。

えーい。やけくそや!
私も「いらっしゃい、いらっしゃい!」と買い物にきているおばさんたちに声をかけた。

最初はとても恥ずかしかった。
でも夢中になって声を出していたので途中からはわすれていた。

あるおばさんがカバンを手にした。
するともうひとりおばさんがやってきた。
次から次へと人があつまった。

午後5時ごろ父と母が戻ってきた。
売上げは15,000円だった。

「よくがんばったなぁ」
と父が誉めてくれた。

その日の夜、家族みんなでお寿司を食べに行った。
父と母は、生きるのに一生懸命だった。
私はそうした両親に育てられた。

今ある自分は父や母の影響を大きく受けている。
今の私があるのも当時の経験があったからだと思う。
すべてがつながっている。
そう思うと感謝しなければならないことだらけだ。

先日、私は50歳の誕生日を迎えた。
その日の朝、母に「50歳になったよ。
おかあちゃんもずっと元気でな」と
電話で連絡した。
感謝の気持ちを込めて。

 

HOME「ともいき」とはトピックスあきないコラムスタッフコラム

NNA株式会社

〒530-0041 大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル2階
TEL:06-6355-5546 / FAX:06-6355-5547