NNA株式会社

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル2階
TEL:06-6355-5546 / FAX:06-6355-5547

2019年 vol.76

無名候補者の差別化戦略

こんにちは!
1位づくり戦略コンサルタント 佐藤元相です。

先日、出張先の松本駅でタスキを掛けた男性が、
のぼりを手に持ちタクシー乗り場の前で、何やらおおきな声で挨拶をしていました。
「統一地方選挙の活動が始まったのか」とすぐに想いました。

彼が手にしていたのぼりには「私は日本一背の高い地方議員です」と
遠目にも分かるほど大きな文字で書いてありました。

近づいていくとタスキに「本人 30歳」と書いてありました。

私は彼の立っているところへ歩いていき、
「大きいね。いくつあるの?」と声を掛けました。
「196pですっ」と彼は笑顔でいいました。

「確かに大きいね。ところでどんな活動をしているのですか?」

私はしばらく彼の取り組みについて話を聞いていました。
そのとき「ふと」想いました。

普通、候補者は、「おはようございます!○○公認の○○です」と
大きな声で名前を覚えてもらうため、自分を知ってもらうため、挨拶をするものです。
のぼりやタスキに本人の名前を書いて宣伝攻勢をかけます。

しかし熱心に売り込めば売り込むほど、人は相手に関心を示さなくなっていくものです。
彼のやり方はそれとは対照的だと感じました。

名前が知れてない候補者の差別化戦略
まず、相手に自分の話しを聴いてもらうには、
相手から興味を持ってもらわなければなりません。

彼の持っていた「日本一背の高い地方議員です」と書いたのぼりは、
他の候補者との差別化となり、
相手から興味を引くためのきっかけづくりだと思いました。

気軽に話しかけやすく感じるし、ツッコミたくもなる。
じっさいに私もそうでした。

距離感がぐっと近くなりました。
背が高いこと。30歳で若いこと。
自分の持っている強みをしっかり伝えていました。

じつに良く考えて取り組んでいる。
無名な候補者は、自分の強みを細分化し集中する!

これが弱者の差別化戦略です。

 

HOME「ともいき」とはトピックスあきないコラムスタッフコラム

NNA株式会社

〒530-0041 大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル2階
TEL:06-6355-5546 / FAX:06-6355-5547